仕事においてここ数年私の周りにいる仕事仲間に関し、その分野に特化した“仕事のできる人”ばかりだったので、気づくのが遅くなったのですが、仕事のできない人が『普通』であり、仕事のできる人が『異常』であると実感する事が多くなりました。


仕事のできない人が『普通』であり、仕事のできる人が『異常』

運良く、ここ数年、“仕事のできる人”ばかりの中で仕事をしており、仕事が“できて当たり前”であり、何かトラブルが起こっても、解決できる術と協力を得ていました。
仕事が多岐にわたり、関わる業種も多くなり、お客様も増え、一緒に仕事をする、仕事を受ける窓口を広げてみたところ仕事のできない人が『普通』であり、仕事のできる人が『異常』であることがよくわかりました。


なんでできないの?

最初は、なんでこんなことすらできないのかかなり不満を覚えました。
ですが、多く人に関われば関わるほど、仕事のできない人のほうが圧倒的に多く、だからこそ、そこに仕事のできる人の“仕事”があるんだとここにきて気づいたのです。
そして、更に突出して“仕事のできる人”の少なさに気づきました。


“働きアリの法則”で世の中回ってる

この法則は有名なのでご存じの方も多いと思いますが、概要をWikipediaより引用。
  • 働きアリのうち、よく働く2割のアリが8割の食料を集めてくる。 
  • 働きアリのうち、本当に働いているのは全体の8割で、残りの2割のアリはサボっている。 
  • よく働いているアリと、普通に働いている(時々サボっている)アリと、ずっとサボっているアリの割合は、2:6:2になる。 
  • よく働いているアリ2割を間引くと、残りの8割の中の2割がよく働くアリになり、全体としてはまた2:6:2の分担になる。 
  • よく働いているアリだけを集めても、一部がサボりはじめ、やはり2:6:2に分かれる。 
  • サボっているアリだけを集めると、一部が働きだし、やはり2:6:2に分かれる。
人間社会もそうであり、大多数は仕事のできない人が多く、多数を総意とするのであれば、つまりそれが『普通』なのです。
少数派は『異常』。

でも、よくよく考えれば「経営者数 > 雇用者数」であり、小さな組織であれ、大きな組織であれ、ピラミッド構造的に、頂点になる上層部があり、その下に広く下層部があるわけで、すっかり頭から抜け落ちていました。
しかも、最近、更に少数である突出して“仕事のできる人”に出逢ったことで納得を得たのです。


経済的、社会的な平等を求めるのは間違っていませんが、結局、個々の差は埋められないのも事実なので、そこに差があってこその現実。
一時、不満でイライラしていましたが、見方を変えれば対処法も見えてくるもので、方向性が見いだせました。

“働きアリの法則”、これで世の中は回っているのです。