2014年2月7日から、テレビ東京の月曜日から金曜日の朝8:00~8:25で再放送されているアメリカの海外ドラマ「かわいい魔女ジニー」がおもしろい!
その魅力についてご紹介です。

かわいい魔女ジニー
かわいい魔女ジニー 画像元:TV東京

1965年から1970年にかけてアメリカで制作されたドラマで、ジャンルはコメディ。
今回の再放送で白黒→カラーに再編集されていて、けっこう古い作品。
原題は、「I Dream of Jeannie」です。


で、肝心のストーリーですが、

ある日、宇宙飛行士のトニーが、宇宙飛行のためロケットで宇宙に向かうが失敗し、南海の孤島に漂流し、そこで不思議な壺の蓋を開けると魔女のジニー登場!恩人のトニーを主人として、男性として愛しちゃったジニーと主人になったトニーの面白おかしい日常を描く

と、こんな感じ。

古いので、まず見た人が最初に驚いてしまうのが日本語訳です。
何でそんな訳にしたの??!!というくらいびっくりな表現で度肝を抜かれます。
例えば・・・

  • 語尾が~であるぞよ 
  • 魔女ジニーは主人のトニーを「殿」と呼んでいる 
  • トニー自ら「オレは殿なんだぞ!」と言う


もうね、突っ込みどころ満載な表現ばかりで面白すぎます。
更に、トニーは宇宙飛行士なのですが、宇宙服がそんな装備で宇宙出れないでしょ!!とか、宇宙遊泳の命綱の紐が軟弱すぎたりと、他にも突っ込みどころ満載!!

でも、そんなギャップばかりでコメディ的に楽しい面よりも、見ていくに連れて他の魅力がどんどん増していきます。

まず、とにかくトニーがなんだかんだ言ってジニー大好きなところ。
いつも、トニーが好きすぎて余計な魔法でトニーを困らせてお騒がせなジニーの所業も、最後にはトニーは許しちゃいます。

そして、紳士でいつも「きれいだよ」とか、魔法でジニーがドレスを着ると毎回「似合ってるね~いやー綺麗だよ君!」とトニーがジニーにメロメロでそんな日本人男性になさそうなくさいセリフもさらっと言ってのけるトニーがかっこいい!!
ジニーも、ひたむきにトニーLOVEでトニーの為ならなんだってしちゃうところがかわいすぎます。
まぁ、いろいろ空回り気味ですけどね。

今日の放送が第42話、全部で139話です。
毎日、25分間ちょっと心がほんわかした幸せな気分になれる「かわいい魔女ジニー」、オススメの番組です。