ショッピング

インターネットが発達し、ウェブサイトで買い物をすることも多くなっています。
そして、その分だけ、企業もウェブサイトを通じて物を売りたがる総数は増え、多くの業界がネットショップを立ち上げています。
ですが、特に中小企業は“戦略”を間違えてはならない。
間違えれば、それはただの“負債”なのです。


今現在の“見込み客”はいるのか?いないのか?

とりあえず自分の会社のホームページはある、次はサイトを通じて物を売ろう!
これからサイトを立ち上げてネットを通じて商品を売りまくるぞ!


ここでまず考えなければいけないことは、今あなたの持っている顧客は何人か?
前者の場合は、ホームページがあるので、まあ見込み客は多少居ることになるでしょう。
後者はこれからですからはっきり言ってゼロ。

この場合の“見込み客”とは、UU(ユニークユーザー数)であり、PVではない。
それも、新規UUではなく、リピートUUを“見込み客”としなければ成り立たない。

さて、その見込み客は今現在いかほどか?中小企業の場合はこれがかなり低い数字をたたき出しています。
それを基盤にネットショップをスタートさせるのはかなり危険なのです。


大きなモール、楽天市場やYahoo!ショッピングなど長いものには巻かれろ!

これからウェブで物を売っていきたい場合、まずは大きなモールに参加すべきなのです。
まず、圧倒的に初期段階からいるユーザーの分母の総数が違う。
楽天様の場合、殿様企業なのでまだ有料出店ですが、Yahoo!ショッピングに至っては、今無料で出店ができます。
まずは、1円でも売る!ここからがスタート。
スタート段階は、圧倒的に長いものに巻かれたほうが有利なのです。


“ブランド意識”を捨てなさい。

ですが、これがなかなか理解できない人が多い。
自社商品の“ブランド力”を信じていたり(これは非常に大事ですが・・・)、“ブランドイメージ”を崩したくなく、かっこいい見栄えが良いオリジナルデザインで自由度が高い独自のウェブショップ開設へ走ってしまう。
プライドだとは思います。
ですが、そこを抜け出さないとウェブショップ自体が負債になる可能性が高いのです。
なぜなら、サイト開設しただけでは客は来ない。
セールをしようがどんなに良い商品だろうが、まずはユーザーを確保しないと話にならない。
広告費をかけても資金が続く限りの資本勝負、SEO対策ともなれば結果がでるまで時間がかかる。
さあ、うまい戦略はないのか?


二段階に分けた戦略で成功をつかもう。

まずは、大きなモール、集客力のある場で、新規顧客を増やします。
まずは売るのです。商品を知ってもらうのです。
良いものであれば、自然に顧客(リピーター)は着いてくる。
それにどのくらいの時間を要するかは商品にもよりますが。

第二段階目を最初から戦略として考えます。
この二段階目こそ、オリジナルのウェブショッピングサイトです。
顧客をある程度確保した段階ではじめて着手します。
なぜならここでこういう“戦略”がうてるから。

楽天より、Yahoo!ショッピングよりも、公式サイトで買ったほうが“お得”である

そう、“差”という戦略が取れるのです。
この“差”を当初から念頭に置いて、特にユーザーにわかりやすいのは“数字”なので、“差”として大手と自社公式サイトとの価格設定をしておけば、二段階目の時点で“勝機”が見えるわけです。


とりあえず自社サイトで売りたい!ブランド力だ!ではなく、長期的な戦略でウェブショップ運営に関して言えば、中小企業は特に考えないと一気に負け組です。
実店舗とは違い、ネットという溢れる情報の中から選ばれるのは、ウェブならではの考え方と戦略を持たなければ勝者とは成り得ない。
もちろん、普通に公式サイトで売って売れる成功ケースもありますよ。
ですが、それはウェブという世界では本当にごくわずかであり、ほぼ大半はまず売れません。
長期的な戦略をスタートでたてることができるかできないかの違いをよく考えておきましょう。