SEO

長いこと、SEO業界にいるのですが、多くのSEO会社がほぼ共通して、1キーワード単体のSEO対策を軸にサービスをしているのですが、最近すごく不自然に感じます。
プロだからこそ、ありえないのです。


今後のGoogle先生に嫌われるような事なんでするの?

というのも、そもそも、

1キーワードに特化させる

ようなSEO対策自体が今後のGoogle先生に一番嫌われる要素なのに、本当にアルゴリズム解析したり今後のGoogle先生のSEOに対する先見の目をプロとしてちゃんと持っているのかがマジで疑問なんですよ。
キーワードごとに成果報酬で単価を決めて見積もり出して、ひたすらそのワードでSEOをかける。
どう考えてもGoogleのアルゴリズム方針に反しているのになぜ気づかない。
SEOなんてIT、いえ、ウェブ業界で一番変動が大きいサービスの最たるものなのにも関わらず、そのサービス方針が古いまま。

昔はそれでよかったし、ぶっちゃけ特定のワードのSEO対策の方がしやすかったですよ。
でも、今それはしちゃダメでしょ。



そもそも、単体キーワード対策なんて本当の集客には足りていない。

ウェブサイトを長く上位表示させる。
そして、上位表示させたその先にあるのは、キーワードの上位という目的以前に、ウェブサイト経由の集客、そうちゃんとそれを「売上」に繋げることが最終目標なわけです。
なんだか、1位だ、10位だと、ランキングの数字ばっか追っているサービス提供者を見ると、そこがゴールじゃないと感じます。
でも、それをそう感じさせたのも私達SEO業者の長年のサービスの提供方法だったのでしょう。
だからこそ、それを正しい、今最新のサービス体系に持っていかなければいけないのも我々SEO業者なわけです。

私は本業のほうではかなり前に方向転換をしてちゃんと結果を出せています。
で、2ちゃんとかで叩かれているSEO業者はまだ古い1キーワード制のサービスを続けている。
馬鹿なんじゃないかと。


SEO対策の最終目的は、売上を上げてあげることである。

これを出来てはじめて、SEOの効果が“ある”と言えるわけです。
はい、このワード1位ですからお金ください、え?1位なのに売上上がらないの?知らないよー
では意味が無い。


ま、ちょっとSEO業界の体制と愚痴書いてみました。
今だに、情報商材で古いSEO対策の情報を売っている輩がいてぞっとしますし。
我々SEO業者の求められているもの、そしてその先で何をしてあげれているのか?
本業ではこんなこと言えないので調子乗って書いてみました。

では、書き逃げします。