SEO

毎日、最新の情報を得ようと、SEOに関係する様々な記事を読みますが、情報発信をしている著名サイトで今だにおかしな“被リンク”に対する考えを捨てきれない人が多くいることに驚きつつ、今後の対策傾向について考えました。


現在、多く言われている被リンク“優良”の定義に疑問。

昔あったGoogle先生のアップデートで一気に天国から地獄に突き落とされ、最も多大な影響を与えたもののひとつが“被リンク”です。
被リンクに“優良”と“最悪”の2つを決定づけ、その後のSEO対策に一大転換期を求めた事は多くのSEO業者に衝撃を与えました。
ま、昔から長くは持たないとは言われていましたが。

その後、被リンクに対する考え方が変わり、Google先生のペナルティを受けにくい優良な被リンクという考え方が浸透し、優良な被リンクによるSEOサービスがこの2年ほどで一気に加速。
多くのSEO業者が力を入れているのがこの対策をいかに巧妙に仕立てるかです。


自然の流れに反した事が失敗の原因でGoogle先生に嫌われる要因である。

ですが、わかっていない。
そもそも被リンクとは、自然発生していくものであり、人為的に作られるものではななかった。

だが、結果的に昔のアルゴリズムでは、人為的に造られた被リンクが力を発揮しており、その“伝説”がまだ忘れられない業者が、今だに「うちは優良な被リンクを提供できるのでSEO強いんです!」と世のSEO素人のユーザーへ間違った知識を広めているのです。


Google先生が何を求めているかを知るべきである。

良いものは良く、だから参照として「被リンク」があり、それは自然発生するもので、人工的に行ってはいけないものだ。
Googleが狙うその先には、検索エンジンを通してインターネット上の情報の収集による情報知識の最適化です。
よりキーワードに対する優良な情報を持つサイトに上位という順位を与える、そしてそのアルゴリズムにより選ばれた情報が圧倒的に正しい。
その選定要因がアルゴリズムであり、意向に沿わないものはペナルティにより排除される。


ペナルティ与えた原因作ったのもSEO業者である。

だからこそ、人為的に行った大量の被リンクが排除され、それがアルゴリズムの1要因になったのも我々SEO業者の対策が原因だった過去をちゃんと素直に認めれば、今流行っている人為的な「被リンク」が次のGoogle先生の排除する、アルゴリズムでペナルティの1要因に成り得るという予想が付くはずなのに今だにあの頃の“被リンク神話”に踊らされ過ぎているのです。


今後の対策と傾向は?

コンテンツの中身をどう仕掛けるか?

これしかないでしょう。
ここでどうSEOの業者としての技をみせれるか?
システム的なソースアルゴリズムも頭を使いますが、“キーワード検索”が検索の原点だと考えればテキストに重きをおくしかないのです。
これは揺るぎない真実であり、今後も長く変わらない指標なのです。
被リンクは、自然発生させるものであり、人為的にする対策なんて忘れたほうがいい。



毎日多くのSEO関係者の発信する記事を読み、今だにプロとしておかしな方向を向いている人が多すぎます。
過去を学べば未来は見える。
なぜ、ペナルティを受けたのか?
新しい外部要因なんて、ペナルティの対象の予備軍ではないか!!

皆さん、ちゃんとプロとして間違った情報をユーザーに広めないようにしましょうね。