SEO

わりと人によく聞かれるので、まとめブログなどでよく使用されている「相互RSS」はSEO的にはアリなのかナシなのかを解説します。
これって被リンクになるんじゃないの?という方が多いので。


相互RSSって何?

ここで言う、相互RSSというのは、まとめブログでもおなじみのサービスで、livedoor(LINE社)が提供している無料サービスです。
昔は、ブログロールという名前で呼ばれていました。

Link:blogroll.livedoor.com

これは、お互いRSSを登録しあって、ブログ(サイト)同士でユーザーを流し合いましょう!という趣旨の元活用されており、人気ブログに自分のRSSが表示されるとかなりアクセスアップが見込めるので、今だに人気のツールで、当サイト496も相互RSSを募集しています。


被リンクとしてペナルティになるのではないか?

結論から言うと“NO”です。
これは、被リンクとして現在Google先生のペナルティ対象にはなりません。
なぜなら、RSS先の他サイトの情報は、別サーバーにあるので、見た目は、自分のサイトにあたかも他のサイトの更新情報が表示されて見えますが、ソース自体に影響していないからです。
被リンクとして認識されているわけではないのです。


ですので、相互RSSは、SEO的には今のところ全くペナルティ対象ではないので、使いたい人は使っても特に問題ありません。
ですが、相互RSSとともにもうひとつアクセスを流し合う手段として一般的なもの“相互リンク”は気をつけましょう。
これは、被リンクとして認知され、ペナルティの対象となります。
ここはテクニックがひとつ必要で、用心してリンク設置しないとGoogle先生からの評価を下げる要因となりますので、注意しましょう。